Gibson SGJ (2013)

Gibson SG お迎えしました。2013年モデルのSGJ。色は家具調のチョコレート。

IMG_2589

ピックガードも無い、ピックアップのポールピースも調整できない、グロスフィニッシュでも無い故に木目剥き出しという、無い無い尽くしのSG。まあこれはこれで、ロックな感じがして大変に気に入っております。
しかしリアのパリパリした音とかちゃんとSGしてますし、ギブソン曰く「24 medium-jumbo frets」も、ダブルカッタウェイのおかげでかなり弾きやすいです。

購入を決めるとき、お店で他社製の同価格帯のSGも試奏しましたが、他社のやつはどうしても膜が張られているというか、曇った感じ。音が前に出てくるのはやっぱギブソンだなあと。まあいいやつはいいんでしょうけど、そうなるとむしろギブソンより良いお値段だったりして、まあまずは本家じゃないかと。

IMG_2590

しかしSGあれですね。レスポールやストラトと比べると、タッチが全然違いますね。音の立ち方がアタッキーなので、その辺意識しないと、すぐヘボヘボな演奏になっちゃいます。

ちょっくら弾いてみたのがこちらの動画。

しばらくはこの動画で使った2本、SGとレスポールをメインに使っていきたい所存でゴザイマス。

Gibson SGJ (2013)」への2件のフィードバック

  1. はじめまして
    私もサブギターにGIBSON SGJ 2013モデルを使っています。
    GIBSON史上最高強度?のブットいメイプルネックと、上級モデルで使われているピックアップを搭載している点が気に入ってます。
    2014モデルではネックは薄くなり、ピックアップは廉価?版に変わってしまったのが残念です。
    確かにポールピースは調整できないのですが、調整が不要なレベルまで追い込んだ設計となっていると思います。
    私はリリース直後に、楽器屋で何本かのSGJを弾き込んで、一番サウンドとコンディションが良好な1本を選ぶ事ができました。廉価モデルなんで個体差が比較的あるな~ というのが比較した際の印象です。
    私はジャズ専のアマなんでフロントPUを主にクリーンサウンドで使用してますが、3kg未満の重量で、太くウォームで分離の良いサウンドが得られるのは素晴らしいと思ってます。機動性が高いんでメインギターより最近は活躍してますw
    高精細なアンプだと、メイプルネックが採用されている為か、炊き込み不足の米の様な硬い芯をサウンドに感じる事もありますが… スタジオに置いてある大抵のアンプでは、直アンでも納得のゆくレベルの音が得られるんで実質上問題はないですね。
    ではでは

    http://kjc-guitar-betta-taro.at.webry.info/

    1. コメントありがとうございます。
      そうですね。僕も軽くて、極太ネックなところ、とても気に入ってます。
      この記事を書いて以来も、ちょいちょい弾いていますが、僕はやはり、クランチでリアを鳴らすのが好きですね。ちゃんと「ギブソン・SG」らしいパンチというかヌケが得られています。
      まだ音が若くで元気いっぱいなので、これからのおつきあいが楽しみな一本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です